logo

ニュースの区分

長園グループの董事長は「中国上場会社十大創業指導者」を獲得し、常務副総裁、董秘は「中国董秘勲章賞」を受賞しました。

2016-08-20 00:00

8月20日、証券タイムズは第10回「中国上場企業価値選択」授賞式を開催し、チャンユエン・グループ会長の徐小文氏が「中国上場企業のトップテン起業リーダー」を受賞し、Ni Zhaohua事務局長が「中国」を受賞しました。 メダルオブオナー。」
 


 

「中国上場企業十大創業指導者」は全体の影響力がトップ10にある上場企業の創業指導者を表彰することを目的としている。長園グループは創立30年で、創業の過程にあります。1986年は長園の第1回の創業で、創業初期の蓄積を完成しました。1995年に許暁文から総経理に就任して、第2回の創業を始めました。許総の指導のもとで、長園の業績は黒字であり、持続的に伸びました。2002年にIPOを成功させ、自己革新と買収を兼ね備えた発展戦略を打ち立てました。売上高は千万元から四十億元を超えるまで伸びた。
 


 

       中国董秘勲章賞は董秘のポストで10年以上働いて、しかもIPO運営、融資合併、情報開示、資本運用革新、総合素質などの面で優秀な20名の董秘を奨励することを目的としています。倪昭華は董秘の仕事を担当している間に、会社の株価構造がより市場化され、会社の管理構造がより完備され、再融資と買収によって発展し、会社の総株価は上場当初の9954万株から約13802万株に増加しました。上場13年は毎年株主の現金配当を維持し、累計配当額は8.56億元で、会社の時価総額は上場当初の22.9億元から約200億元に伸びた。
 
       この長園グループの創立30周年に当たり、長園グループ会長の許暁文氏、常務副総裁、董秘倪昭華女史はこの特別な光栄を獲得しました。長園グループの三十周年の贈り物であり、株主と社会創造価値に対する完璧な解釈であり、企業家精神を明らかにしました。新常態では、長園人は初心を忘れず、創業者の情熱を持ち続け、「技術見識が尊敬される百年の老舗」を実現するためにたゆまず努力します。
长园电子
长园电子

長園に注目

Copyright©1993-2021 長園電子(東莞)有限会社  /  粤ICP备15087348号