logo

ニュースの区分

長園公益基金大事記

2017-03-20 18:55
       長園公益基金の創立一周年です。
 
       長園公益基金は、長園グループが設立し、運営を管理する。長園グループはまず一定の金額を資金として投入し、全従業員は集団組織の各種類の文体及び公益活動に参加することによって、愛の値(10愛の値=1元)を蓄積し、基金に注入し続け、累積した基金は全部協力が必要な長園員及び長園集団組織の各種公益活動に使われる。
 
       長園公益基金は2016年3月に設立されて以来、一連の文体活動と公益活動を展開してきました。全部で340万余りの愛の心を蓄積し、書道、絵画の競売の義援金10.88万元を受け取って、本年度の長園公益基金は全部で約45万元の資金を注ぎ込みました。
 
 
2015年9月から、長園集団は深セン、東莞、上海、珠海の各会社が所属する義工聯、ボランティア協会、コミュニティで老齢支援活動を展開しています。
 
 
★総356人が老齢支援活動に参加し、定期的に空巣老人120名を訪問します。
★「優秀な愛企業チーム賞」を受賞しました。
★「2016年光明事務所愛企業」を獲得しました。
★獲得「熱心公益責任企業」「錦旗」。
 

長園グループは2016年9月に広西欽州、広東湛江、江西赣江、貴州畢節、湖南婁底、湖南常徳、貴州貴陽、チベット山南の8校に対して「一冊の本・一つの夢」の助学活動を行い、長園公益基金、長園従業員は共に貧困山区のために書籍を寄付し、「長園書屋」を設立しました。

 

 
★250人以上が寄贈書活動に参加しています。
★長園ボランティア20名が各学校に寄贈式を行っています。
★寄付書は5000冊近く、宿題帳は5000冊近く、鉛筆セットは1000セット、文具セットは500セット、カバンセットは150セット、本棚は8セット、黒板は7セット、教師用品は100セットです。
★学校から優勝旗を3つプレゼントします。
 
 

 

2017年1月13日、長園集団三十周年祝典晩餐会の現場では、公益・書道絵画の競売活動が特別に行われました。今回行われた競売の書道と絵画作品はいずれも長園社員によって創作され、パーティーに参加した各界の愛人たちが続々と競売に参加し、最後には全部で10万8元の義援金を集めました。

★書道、絵画作品は全部で4つあります。
★書道作品「三十にして百年伝承」は二万元で競売に成功しました。
★書道作品「誠実と信用は激情を包容して尊重する」1.88万元で成功競売に成功しました。
★書道作品「技術的見識が高くて尊敬される百年の老舗」は2万元で競売に成功しました。
★絵画作品「金鶏報春」は5万円で競売に成功しました。
 
       楽しみ、長園を愛する。長園グループが継承しているのは誠実と信用、包容、激情、尊重の企業文化だけではなく、その社会的責任感です。公益は私達のそばにいて、他の人を助けて、自分を楽しみます。将来的には、会社は、長園公益基金を強化し、公益を最後まで行う。
下一篇 無し
次へ : 無し
长园电子
长园电子

長園に注目

Copyright©1993-2021 長園電子(東莞)有限会社  /  粤ICP备15087348号