logo

カテゴリ一覧

熱収縮の原理は何ですか?

ポリオレフィン材料は高エネルギー電子線によって線形分子構造が三次元網状構造に転化し、架橋後の高分子材料は機械強度、耐温、耐化学溶剤、耐熱酸素の老化などの面で性能が大きく改善されました。架橋後の結晶高分子材料は融点以上に加熱すると、ゴム弾性体となり、外力によって拡張または引張り、急速に冷却される状態が保持され、再び融点以上の温度に加熱すると、外力の作用前の状態に戻すことができます。

熱収縮材料の貯蔵と輸送

熱収縮製品は保管と輸送の間、直射日光や環境温度が60℃を超えることを避け、環境温度が60℃を超えると、熱収縮製品の一部が収縮します。

長園グループの冷縮ケーブルの付属品はどのような応力制御方法を使いますか?

私達の製品は屈折応力制御法を採用しています。つまり、ケーブルの外面に高誘電率(K値は30ぐらい)の材料を設置した高弾性応力制御管で、主絶縁の誘電率との違いを利用して、遮蔽口の電界強度を低下させます。このような高誘電率の応力制御管は絶縁抵抗が高く、絶縁強度が高く、長期電場で作用します。と高温の下で各パラメータは安定しています。端末表面の電界分布をより効果的に改善できます。そして作った端末の外形寸法が小さく、必要な設置スペースが小さいです。

長園グループの冷縮ケーブルの付属品は品質体系の認証と試験報告がありますか?

長園グループはISO 9001品質管理体系を通じて認証されました。ケーブルの付属品はすべて「電力部電気設備品質測定センター」(武高所)によって検査されました。GB 11033-89の基準に適合しています。

熱収縮母集団保護カバーを使用する時、それらに注意しなければなりませんか?

熱収縮スリーブには固定的な収縮比率があり、また、熱収縮スリーブの絶縁耐圧は収縮後のスリーブの厚さに依存するので、選定には必ず製品説明書に規定された方法に従ってください。

シリコンゴムの電気的接点保護ボックスを使用する時、それらに注意しなければなりませんか?

架空の変圧器、避雷器、架空のスイッチの出入り線の配線金具と配線方式には大きな違いがあります。ですから、ユーザーはシリコーンゴムの電気接点保護ケースを注文する前に、当社に対応する配線金具と配線方式の詳細を提供してください。
前ページへ
1
2
长园电子
长园电子

長園に注目

Copyright©1993-2021 長園電子(東莞)有限会社  /  粤ICP备15087348号